アドセンス広告の掲載可能数を解説

グーグルアドセンスは、1ページあたりの広告掲載数を制限しています。

2014年3月5日現在のグーグルアドセンス規約では、以下のように定められています。

  • 通常ユニット広告:最大3つまで
  • コンテンツ向けAdSense(リンクユニット):最大3つまで
  • 検索向けAdSense(検索ボックス):最大2つまで

1ページに掲載できるアドセンス広告は、
最大で全種類利用して8つまでとなります。

※この掲載数を超えての表示は規約違反となります。

グーグルアドセンス広告掲載可能

グーグルアドセンスの掲載可能数上限

全ての広告種類を駆使してWEBサイトページに広告を貼っていくと
最大8つの広告を張ることが出来ます。

しかし、
広告を貼り付けてもクリックされない広告は
閲覧ユーザーの視覚的イメージにもあまりよい印象を与えません。

広告のクリック率を計測していき、
あまりにもバランスの悪い広告は外した方が収益化できる場合もあります。

広告タグの多用は検索エンジン上の影響も

広告タグ自体はユニークなオリジナルコンテンツではないので
検索エンジン上ではあまりよい判断が得られません。

なのでWEBサイトのページ上に
広告を多用すると検索エンジンへの悪影響も懸念されます。

視覚的に広告に抵抗感を覚えて、
サイトからの離脱率(直帰率も)が上がる可能性もあります。

広告のクリック率を計測していき、あまりにもクリック率が低い広告は
あえて外していく方が賢明な場合も想定できます。

コメントを残す

月収100万円を稼ぐ為のメルマガ講座に無料登録しませんか?


お名前 必須
メール 必須

サブコンテンツ

このページの先頭へ